• facebook
  • twitter
  • instagram

誰もが集い、“カタル”場所

「カタル」は、「語る」という意味の他に、
熊本の方言で「参加する」「加わる」という意味を持ちます。
私たちはこの地域に根付いた文化を知るきっかけや、
体験する場として、宿泊者と地域の交流を創造します。

ABOUT

南米のパタゴニア地方
アメリカの国立公園
ネパールのヒマラヤ山脈
世界中の大自然の中を歩いた
どこへ行っても人々はすれ違いざまに挨拶を交わす
たとえ見ず知らずの人であっても
「HELLO!」 「HOLA!」 「こんにちは!」
時には挨拶だけではなく
「頂上まであとどれくらい?」「もう少し行ったら絶景が待ってるよ!」
という行き交う人の言葉に背中を押されたり
そうやって達成した目的には喜びもひとしお
自然とコミュニケーションが生まれ
知るきっかけになったり、学んだり
私たちはこの施設がこんな場所になってほしいという思いから
“HIKE(ハイク)“と名付けた
“HIKE”には2つの意味があり
ひとつは “ハイキング”
もうひとつは“引き上がる”
この場所を訪れた人々が何かを感じ
人生がほんの少しでも豊かになってほしいという思いを込めて

ABOUT “HIKE”

“HIKE” OPEN

2020 SPRING

九州の中心に位置する熊本県玉名市。
この地に2020年5月14日にオープンした“HIKE”。
気軽に宿泊可能なホステルを軸に、
地元の生産者や旬の食材を使用したカフェ&ダイニング。
手仕事の生活の道具を集めたショップ“タシュロン”も併設。

AROUND “HIKE”

HIKEの周辺である高瀬地区は、かつて米俵を運ぶ港町として栄えていた街。
江戸時代の繁栄の名残を感じさせる高瀬船着場や高瀬眼鏡橋、
石垣などが今でも残っており、風情ある美しい景色が広がっています。
ゆっくりと楽しみながら、この街を散策してみて下さい。

HIKE BLOG

MORE

CONTACT US

〒865-0026 熊本県玉名市秋丸415-2 MAP
info@hike-tamana.com

access

ONLINE SHOP

手しごとによって作られた器を中心に扱うオンラインショップです。
お店の名前であるタシュロンとは北アフリカの先住民の言葉であるベルベル語で「職人」という意味。
私たち夫婦は1年3ヶ月間、世界各地を旅しながら様々な手しごとの職人さんと出会い人の手によって出来上がっていくモノづくりに惹かれて見てまわりました。
その土地の風習や風土ならではの手しごとに触れているうちにどこも共通して感じたことが、徐々に機械化で大量生産されそれと同時に、根付いていた特有の文化が消滅し始めてきている、ということ。
そして手しごとでしか表現できない細やかな技術やそれを受け継ぐ職人さんが減少している、ということでした。
私たちが暮らす日本も同じ事が言えます。
タシュロンは、職人さんの情熱や想いを引き継ぎ使って下さる方へ出来上がるまでのストーリーや
選ぶわくわく感、日々使っていく楽しみをお届けしたい、という願いを由来に込めています。
値段の高い安いではなく、永く愛用したくなるような、壊れても手放したくなくなるようなモノ。
あなたにとって日常に寄り添った身近で惹きつけられるモノが見つかりますように。